2014.04.20

日本移植者協議会移植セミナー

 お昼のコンサートの後、金山の名古屋都心センターで開かれている日本移植者協議会の第94回移植セミナーに参加した。 ちょうど9年前のこの勉強会で、生体腎移植への道を選択した。僕にとっては、とても大切なセミナーのひとつ。最近は、お話しする立場が多いけれど、今日はゆっくりとお話が聞けた。

 名古屋第二赤十字病院 移植外科部長の渡井 至彦先生のご講演の後半から参加。渡井先生は、移植医療の理解・啓発を薦めているNPO日本移植未来プロジェクトの理事としてご一緒している。今日は、ハイリスク患者の腎移植についてのお話しだった。かつては移植対象外だった腎不全患者が移植できる時代になったんだと改めて実感。そして同時に、医療者側の苦労も実感した。

 続いて、生体腎移植ドナーと移植患者の体験談。11年前に、ご主人の生体腎移植ドナーとなられた築山さんのお話は初めてお聴きした。丁寧で落ち着いたお話しぶりに、これから移植を考えている方やご家族にはとても参考になったと思う。2番目の棚橋さんのドナーの会についての紹介も、生体ドナーになろうと思っている方には参考にるお話しだった。
最後は、膵腎同時移植者の加藤さんのお話し。20140420_2300pic昨年の7月、市内の中学校での「命の教育 道徳講演会」でコラボレートしていたたいた加藤さんは、さらに磨きがかかり、場に応じて臨機応変にお話しを進められていた。一型糖尿病の発症と透析導入、出産、脚の切断の危機。そして脳死提供のドナーの方からの膵腎同時移植という重い話を、笑顔と笑いで進められるプレゼンテーションには、分かっていてもついつい引き込まれてしまう。昨年の笑いながら、ハンカチで涙を拭いていた中学生の姿を思い出した。彼女のお話をお聴きすると、誰もが、今の自分の状況を肯定し、生きている事への喜びと感謝を感じるだろう。

 今日は、二十数年ぶりの卒業生との再会、そして、移植仲間からの生きていて良かったという心からのメッセージをお聴きして、感動が続いた1日になった。そして、9年前の移植勉強会を昨日のことのように思い出した。

| | コメント (0)

2012.02.26

NPO法人日本移植未来プロジェクト理事会 2/26

午後から、NPO法人日本移植未来プロジェクトの役員会。名古屋第二赤十字病院副院長が中心になってスタートしてもう5年目。年々、事業規模も拡大して大きなイベントとしては、昨年の渡部陽一さんを迎えての市民講座の共催や金山の名古屋市都市センターインターコモンでの「Gift of Life-移植を受けた子ども達の作品展」を開催してきた。

来月3月10日(日)には、昨年に続いて第2回目の腎臓病セミナー。朝日新聞との共催事業で、応募者は700名以上になりそう。副理事長として学会発表や「いのちの授業」などのボランティアを続けています。(理事長以下全員がボランティア)情報教育、社会科教育と同じく大切なライフワーク!

| | コメント (0)

2012.02.10

定期検査 消化器内科・歯科 2/10

毎年1回の大腸内視鏡検査は、異常なしだった。大腸ファイバーの内視鏡検査は事前の準備が大変。午前中は自宅でニフレックを飲んでトイレの往復。いつものことながら、検査前はとても憂鬱な感じ。今回もS状結腸でファィバーを入れるのに苦労して痛みとの闘いだったけど、結果的に検査時間は15分間。昨年の半分で済んだ。結果も全く異常なしで、終わってみればスッキリ。来年の予約を入れてあっという間に終了。

夕方は、3ヶ月に1回の歯科メンテナンス。歯周病のチェックと歯垢除去。虫歯もなくて異常なし。検査は精神的にも肉体的にも苦痛を伴うけれど、早期発見・早期治療には不可欠。安心宣言をもらってひとまずホッとした。

| | コメント (0)

2012.01.31

第45回 「日本臨床腎移植学会」 2/2-2/3

今年も、日本臨床腎移植学会で発表する。
査読で採択された僕が関係する演題は議の2つ。

-----[2月3日(金) 午前]----------------------------------
D177 「学校教育分野における移植医療の理解を進める
     多様な教育プログラムの提供」
     成田健之介 *1、打田和治 “1、*2
D170 「生体腎移植ドナーの会の9年間の歩み~運営の
     工夫と意義~」
     棚橋千珠子 *1、成田健之介 *1、打田和治 *1、*2
(*1 NPO日本移植未来プロジェクト *2名古屋第二赤十字病院)
----------------------------------------------------------
今日は、棚橋さんの発表プレゼンが完成。次は、自分の発表用プレゼン・・・。雪も心配だけど、発表時間内に納めるようにするのも心配。短い時間で伝える苦しさを味わっている。でも、これは学生たちにいつも指導していること。学生の苦労も、ちょっと感じながら悪戦苦闘中。

| | コメント (0)

2011.10.20

インフルエンザ予防接種 10/21

インフルエンザの予防接種が始まったので、早速受けてきた。昨年も同時期。移植患者なので、2回の接種が必要。病院からも推奨されているので、第一優先で接種している。
午後は、名東区で来週10/27(木)の仙台での「臓器移植フォーラム」での、講演についての打ち合わせ。講演が続くけれど、僕自身のメッセージを直接お伝えできる良い機会。声を掛けていただけることに感謝。

| | コメント (0)

2011.06.09

神経内科受診 6/9

3ヶ月振りに神経内科受診。透析時代から続く両足の末梢神経障害についての受診。両足の高度な感覚障害によって、強いしびれ感と痛みを感じている。ふらついたり、躓いたりしやすいので、歩くときにはそれなりに注意している。このしびれ感によって、自分が腎不全患者で透析をしていたんだと自覚する。改善の見込みはないので、現状をチェックしていただき、診断書を書いていただいた。完治のための治療が出来ないので、このまま仲良くつき合っていくしかない。

| | コメント (0)

2011.06.04

光ヶ丘女子高等学校「命みつめて」 6/4

201106041201106042


| | コメント (0)

2011.06.02

定期外来 6/2

移植後5年半の定期外来。現状維持で大きな変化無し。末梢神経症による両足のしびれ以外は、順調。一番大切な腎機能が順調で一安心。前癌状態の日光角化症の窒素治療で通院していた皮膚科も今日でおしまい。朝からお昼過ぎまでの院内生活だったけれど、一安心して午後1時過ぎに帰路についた。
午後は、臓器移植ネットワーク中日本支部で、週末の移植セミナー@高校の打ち合わせ。良い会になりそう。

| | コメント (0)

2010.10.28

大腸ファィバー検査結果 10/28

間もなく移植5周年!今年の1年定期検診は、しばらくやっていない内視鏡による大腸の検査を入れていただいた。移植前、ポリープがあって移植後は2回ほど検査したけれど、しばらくは大丈夫ということでしていなかった。免疫抑制中というのは、普通と違う。発癌率が高い分だけ、早期発見のための検査でリスクを減らす努力は必要。結果的に、普段健康な人よりも早期発見によって大事にならない場合も少なくない。
先週の検査では、いつも苦労するところで苦労して30分ほどの苦痛だったけれど異常なし。今日、外来で写真を見ながら詳しく結果をお聞きした。良性のポリープが2つほど、今後も折を見て定期的に検査していくことになって、一応一安心。

| | コメント (0)

2010.10.21

大腸ファィバー検査 10/21

好きではない検査の上位にくる大腸ファィバーによる検査を受けた。人間ドックの感覚で、数年に一度は受診。あと2ヶ月で移植5周年を迎える今年、思い切って検査することにした。当日まで憂鬱だったけれど、終わってしまえば「やって良かった。」と感じる。検査結果は異常なし!検査室の採剤時間は30分間だっけど、検査中に時々やってくる痛みにおびえながら、実際よりも長く感じた。自分の腸の中を観察しながら検査を受けるのも変な感じ。来月には、胃カメラが待っている。胃カメラは得意だったのに、前回ちょっと苦しんでそれが今でも脳裏をかすめる。ちょっと憂鬱になってくる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧