« 2014年1月 | トップページ | 2016年9月 »

2014年4月

2014.04.20

日本移植者協議会移植セミナー

 お昼のコンサートの後、金山の名古屋都心センターで開かれている日本移植者協議会の第94回移植セミナーに参加した。 ちょうど9年前のこの勉強会で、生体腎移植への道を選択した。僕にとっては、とても大切なセミナーのひとつ。最近は、お話しする立場が多いけれど、今日はゆっくりとお話が聞けた。

 名古屋第二赤十字病院 移植外科部長の渡井 至彦先生のご講演の後半から参加。渡井先生は、移植医療の理解・啓発を薦めているNPO日本移植未来プロジェクトの理事としてご一緒している。今日は、ハイリスク患者の腎移植についてのお話しだった。かつては移植対象外だった腎不全患者が移植できる時代になったんだと改めて実感。そして同時に、医療者側の苦労も実感した。

 続いて、生体腎移植ドナーと移植患者の体験談。11年前に、ご主人の生体腎移植ドナーとなられた築山さんのお話は初めてお聴きした。丁寧で落ち着いたお話しぶりに、これから移植を考えている方やご家族にはとても参考になったと思う。2番目の棚橋さんのドナーの会についての紹介も、生体ドナーになろうと思っている方には参考にるお話しだった。
最後は、膵腎同時移植者の加藤さんのお話し。20140420_2300pic昨年の7月、市内の中学校での「命の教育 道徳講演会」でコラボレートしていたたいた加藤さんは、さらに磨きがかかり、場に応じて臨機応変にお話しを進められていた。一型糖尿病の発症と透析導入、出産、脚の切断の危機。そして脳死提供のドナーの方からの膵腎同時移植という重い話を、笑顔と笑いで進められるプレゼンテーションには、分かっていてもついつい引き込まれてしまう。昨年の笑いながら、ハンカチで涙を拭いていた中学生の姿を思い出した。彼女のお話をお聴きすると、誰もが、今の自分の状況を肯定し、生きている事への喜びと感謝を感じるだろう。

 今日は、二十数年ぶりの卒業生との再会、そして、移植仲間からの生きていて良かったという心からのメッセージをお聴きして、感動が続いた1日になった。そして、9年前の移植勉強会を昨日のことのように思い出した。

| | コメント (0)

コンサート、そして卒業生との再会

今日のお昼は名古屋の宗次ホールのランチタイムコンサート。名古屋市立城山中学校OGの早乙女フーバー陽子さんのバイオリン、彼女のお友だちのピアニストの宮川久美さんのピアノ、そして元城山中音楽科教員の庭瀬典子先生の朗読のジョイントを楽しんだ。
 早乙女さんは、城中卒業後、東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校を経て同大学卒業、神奈川フィルハーモニー管弦楽団を経て、1994年からウイーン国立音楽大学でウイーン・フィルのコンサートマスター、ライナー・キュッヒル氏のもとで研鑽を積んだ。現在は、オーストリア人ご主人と大学生のお嬢さんと共に、ウイーン19区に在住しており、1年ぶりの来日。世界で頑張る城中生の一人。当時の音楽科の教員だった庭瀬先生の朗読と彼女のバイオリンが違和感なく一つの世界を創り出していたのには感動。

 感動はもう一つ!僕は、早乙女さんの2歳下の妹さんを担任した。20140420_1320pic_3千葉で眼科医をしている妹さんも中学生当時は、確かピアノの西日本大会で優勝経験を持つ。今日は、その彼女とも。卒業後初めて、二十数年ぶりの再会。
 彼女の学年は、読売日本フィルのチェリストの唐澤君、BUGS UNDER GROOVEのリーダーで関ジャニ∞の振り付け等を手がけているTetsu(山田君)、名古屋で「天麩羅なか江」のオーナーとして頑張っている中江君と同期。コンサートは勿論素晴らしかったけれど、その後のミニ同窓会も素晴らしかった。現在、工学研究者であると同時にプロ並みのアマチュアチェリストでもある鷲津君と3人での記念写真は、新しい宝物になった。また、当時美術科を担当されていた久野先生ともお会いできた。

 色々あった中学校の教員生活だったけれど、今日のような再会、出会いは教員冥利に尽きる。目の前の生徒たちの成長、そして、二十数年後の彼らの大きな飛躍を見ると、教員を志望する学生達への支援に、ついつい力が入ってしまう。

| | コメント (0)

2014.04.09

南山大 社会・公民科教育法A

第1回は学びについて考えるワークショップ。社会科系の授業のイメージと学びについての概念崩し、Playful Learningを体感する初回ガイダンスとして、紙コップワークショップ。準備が大変で、2コマ2時間した後は、ヘロヘロになった。
Dscn5765320picDscn5781320pic

午後は、教職センター勤務。認定試験による小免取得についての相談や、3年生の教職についての相談など次から次に対応して、昼食をとったのは午後3時。相談の終了は、午後7時前。本日は、心身共にハードな水曜日になった。


| | コメント (0)

2014.04.08

名古屋キャンパス 講義スタート

南山大名古屋キャンパスの2014年度の最初の講義。本日は社会・公民科教育法A1,A2の2時間。今週末の履修登録締め切り前に、社会科免許の取得上の留意点にも時間を割いた。中学校社会科、高等学校地歴科、公民科の取得について、必要単位、介護等体験や教育実習の期間の違いなど基本的な事を確認し、必要なら教務課に相談するように伝えた。

大学では、自分で受講科目を選択する自己責任の世界。しかし、後々苦労しないように、教科に関する最小限の情報だけは提供するようにしている。必要単位や必修科目は各大学によって名称などが異なる場合も有り、分からない点は教務課に尋ねるように促している。

今日は、履修についてや教科書、シラバスの解説など事務的なガイダンスになってしまった。シラバス通りに進んだが、中味的にはちょっと???と、反省が必要かな。

| | コメント (0)

2014.04.07

2014年度スタート

今日から、2014年度の講義がスタート。

本年度前期は、南山大瀬戸キャンパスで社会科教育法関係、名古屋キャンパスでは同じく社会科教育法関係とと大学院教職科目、愛知教育大学の情報科教育法を担当して、月~金の勤務。後期は、南山大の各科目と、金城学院大学の教職科目で月~金の勤務。年間を通して月~金の勤務となった。

今日は、南山大瀬戸キャンパスの総合政策学部での講義。2限の地歴科教育法は予め予定していた90分のストーリーで展開。Playfull LearningとLearning1.0、Learning2.0、Learning3.0を体感させての学びについてのガイダンスはほぼ目的達成。3限の公民科教育方では、やや方向がずれて失速気味に終了。その後、瀬戸キャンパスの教職サークルからお呼びがかかって午後6時過ぎに帰路についた。

2ヶ月ぶりの授業。やっぱり授業はいい!いつまで経っても未完成、だから面白い!

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2016年9月 »