« 2012年2月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年3月

2012.03.13

小学校訪問「授業力」 3/13

市内の小学校で道徳の授業を参観させていただいた。4月から小学校に赴任する予定の大学4年生4名と共に訪問した。参観させていただいたのは、小学校4年生32名のクラス。素材(テーマ)は「いじめ」で、思いやりの心や正義感を育てる授業。アニメのキャラクターを使った導入から、最後の感想の記述まで、教師の高い力量がにじみ出る良い授業だっった。

教室に入った途端、コの字型の机配置と真ん中にプロジェクタ。発表や意見交換を意図する授業では、いつもこのスタイルを使われているということ。3学期のもう最終に近いこの時期に、授業を参観させていただけることに感謝。「普段着の授業です」ということだったけれど、日常の授業こそが大切だし、それを参観させていただけることに、またまた感謝。

導入から展開、まとめまで区切り無くスムースに、子ども達を授業の中に引き込んでいくポイントは、子ども達の発言や表情を自然に読み取り、即応した授業展開を進めていく教師の技だと感じた。4年生なので、児童間のディスカッションではなく意見発表だったが、こんなスタイルの授業を続けていけば、高学年になるとディスカッションに発展できる。教師の指示やつぶやきを見せていただいているうちに、ハーバードのサンデル先生の講義がイメージされた。

教師が教えたたいことが、児童から言葉として発表され、教師がそれを板書していくと本時の目標に沿った板書が完成する。子ども達にとっても、とても達成感のある授業だったと思う。

授業参観後、校長先生から4名の学生に対してご指導いただいた。4月から教壇に立つ学生たちにとって、本当に身になるお話だったし、不安を期待に変えるお話をいただいた。

学校を後にして、夕方からは新任1年目を終えようとする現職2名と4年生6名、3年生2名による懇親会形式のセミナー。僕が関係する3大学のOB、OG、現役生が現場の様子を、年齢が近い新任教員から学ぶとても良い機会になった。多くが初対面だったけれど、互いにアドレス交換をしてネットワークが広がっていく。タイプの違う2名の新任現職からの学びはとても大きかった。

| | コメント (1)

2012.03.03

腎臓病予防セミナー準備 3/3

来週土曜日(3/10)に開催する「腎臓から考える健康ライフセミナー」(主催:朝日新聞、共催:NPO法人日本移植未来プロジェクト)での配付資料準備のため栄の事務局で梱包して、朝日新聞名古屋本社に届けた。朝日新聞名古屋本社には何回もお世話になっているので、スームースに終了。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年8月 »