« ちよっとビジネスと教育の日 2/21 | トップページ | 愛教大 「総合演習」-発表会- 2/23 »

2012.02.22

慶應義塾幼稚舎の入試問題の真偽

Facebookで、しばしば慶應義塾幼稚舎の入試問題が話題になる。カエルの絵がついていて「子どものカエルは何匹?」とか、曜日のアルファベットの頭文字の問題とか・・・。他にももう一つ話題になり始めている。階段に何人かの帽子をかぶった人が座っている問題。「慶應義塾幼稚舎の入試問題」で検索すると、同じ問題が色々なサイトで話題になっている。10年前の問題だとか、韓国初の情報だとかいろいろあるけれど、多くは「幼稚舎」(小中一貫)では、こんな入試だから、自分は入れないなぁ」等の感想が並ぶ。

「今どきこんな入試問題を出すの?」という素朴な疑問で、WEBを巡ってみると、小学校お受験の保護者サイトでは、いくつかの体験談が記載されていた。

[体験例]
・入試試験はペーパー試験も親子面接もなく、やることと言えば、体操着に着替えて踊りをしたり、ゲームをしたりして、そこに先生がいくつかの質問をするだけ。他の私立小学校とはあきらかに選考基準が異なっているようです。

・梱包用のプチプチや画用紙を使って、自分の考えたキャラクターを作ってみんなの前で発表

・チームになって発泡スチロールを使って、舟を作ったそうです。それと、モールと画用紙とクレパスを使ってお絵かき
前の人を抜いてはいけませんとか、ここで待ってなさいとかの指示行動だったと聞きました。

Facebookでの慶応幼稚舎入試問題。「頭の体操」として掲載するなら問題ない。でも、それならこんなに話題にならない。問題はそれらの書き込みに「シェアして下さい」とあること。少なくとも出題年度など出典を明らかにするなどがないと・・・。これでは、チェーンメールと同じ・・・。そんなことを考えて本日がスタート。

|

« ちよっとビジネスと教育の日 2/21 | トップページ | 愛教大 「総合演習」-発表会- 2/23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちよっとビジネスと教育の日 2/21 | トップページ | 愛教大 「総合演習」-発表会- 2/23 »