« ボストン4日目 Boston Childre's Museum | トップページ | 南山大 春学期スタート 4/5 »

2011.03.29

教え子のチェロコンサート 3/29

城山中OBで、読売日本交響楽団チェロ奏者の唐沢君安岐奈君のチェロコンサートに招かれた。昨年11月に続いてのコンサート。今回も楽しみにしていた。

「みんなの力で『歴史のまち』を舞台に『音楽のあるまち』をつくろう」をキャッチフレーズにした「やまのて音楽祭」関連の演奏会。これは、名古屋市千種区の覚王山から本山地区を中心とした地域の文化的イベント。城山中の学区域の地域でもある。
今日のコンサートは「お話を交えてクラシックの持つ深い感動をお伝えします。ブリリアントなチェロの音色を、春の訪れと共にお楽しみください。」というコンセプトということ。演奏は、唐沢安岐奈君(チェロ)とお母様でピアニストである唐沢洋子さん(ピアノ)の、親子演奏会。アットホームで親しみのある素敵なコンサートだった。

中学校一年生の頃に教科を担当した教え子が、日本や世界で活躍する姿を見られることは、教師冥利に尽きる。

|

« ボストン4日目 Boston Childre's Museum | トップページ | 南山大 春学期スタート 4/5 »

コメント

世界で、日本で、そして地元で
活動をされているだなんて
とっても素敵な教え子さんですね。

親だけでなく、関わった方々に
元気で活躍している姿を見せることって
大事なことなんだな、と思いました。

私は転勤族だったので、地元というものがなく
とてもうらやましく思いました。

中学1年生って。。。
私でしたらもう25年くらい前(汗)
そのころの事はあまり覚えていませんね。

そういった意味でも、唐沢さんがうらやましいです。

投稿: みかん | 2011.04.05 00:03

みかんさん>コメントありがとうございます。ちょうど24、25年前の卒業生ですが、授業中の彼の様子を覚えています。そんな彼が、舞台で素晴らしい演奏をする姿を当時は想像も出来ませんでした。
とても嬉しい一時でした。

投稿: なりた | 2011.04.05 02:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボストン4日目 Boston Childre's Museum | トップページ | 南山大 春学期スタート 4/5 »